営業保証金の供託とは?

営業保証金とは

宅建業の取引は高額な取引となることも多いので、万が一、取引上の事故が生じた場合の一定範囲内の債務についてカバーするためのものです。
宅建業者は業務を開始する前に、供託所にお金を供託します。
保証協会に加入するという方法もあります)
万が一、一般消費者が宅建業者との取引で損害を受けた場合には、一般消費者は、宅建業者が供託していた営業保証金から弁済(支払い)を受けることができます。
供託をした後でなければ、宅建業の営業を開始することはできません。つまり、営業保証金は消費者保護のための制度です。

営業保証金の額

主たる事務所 1,000万円
従たる営業所 500万円

上記の金額を、主たる事務所の最寄りの供託所に供託します。
なお、営業保証金は現金の他、国債、地方債、国土交通省令で定める有価証券等による供託も認められています。
営業保証金の供託は、宅建免許の通知を受けた後に行う手続きです。

簡単な流れとしては、

  1. 免許通知のはがき取得
  2. 供託
  3. 必要書類を持って、免許を受けた行政機関へ供託した旨を届出
  4. 宅建免許を受領

という流れになります。
なお、供託~届出までの手続は、免許を受けた日から3ヶ月以内にしなければなりません。
この期日を過ぎてしまうと、免許を取り消されてしまいます。

上記の届出をした後でなければ、営業を開始することはできませんので、ご注意ください。ただし、保証協会へ加入した場合には、営業保証金を供託する必要はありません。

東京都は出張相談無料(離島除く) 宅建免許の東京宅建免許センター