宅建業免許の変更届けが必要な場合

下記のように、宅建免許申請時に提出した免許申請書の内容に変更が生じた場合、担当の行政庁に変更届を提出する必要があります。

商号または名称

会社の名称が変更された場合は履歴事項全部証明書等を添付して、変更届を提出しなければなりません。
また、免許証に記載された事業者名も変わることになりますので、免許証自体の書換えの手続きも行わなければなりません。

主たる事務所の所在地

主たる事務所の所在地が変更された場合も履歴事項全部証明書等を添付して、変更届を提出しなければなりません。
新しい事務所の写真も添付しなければなりません。

代表者や役員(法人のみ)

法人の代表者や役員に新しい人が就任した、もしくは今までの人が退任した、といった場合には新たに就任した人の身分証明書や略歴書とともに変更届を提出しなければなりません。

政令で定める使用人(政令使用人)

政令で定める使用人が変更になったときも、新たに就任した人の身分証明書や略歴書とともに変更届を提出しなければなりません。

専任の取引主任者

専任の取引主任者が変更になったときは、身分証明書や略歴書に加え、取引主任者票の写しも添付します。

従たる事務所の設置

同じ都道府県内に従たる事務所を新たに設置したときにも、変更届の提出が必要になります。また、政令で定めた使用人や専任の取引主任者が増えることになるため、その政令使用人や専任の取引主任者の身分証明書や登記されていないことの証明書を添付しなければなりません。
また、新しい事務所の写真や履歴事項全部証明書なども必要になります。

従たる事務所の廃止や移転、名称の変更

従たる事務所を廃止したまたは移転した場合や、その名称を変更したときも、変更届けを提出する必要があります。

代表者、役員、政令使用人、専任の取引主任者の姓名

婚姻等によって、代表者、役員、政令使用人、専任の取引主任者の姓名が変わった場合には、変更届を提出する必要があります。
代表者の姓名が変わった場合には、免許証に記載された代表者名も変わることになりますので、免許証自体の書換えの手続きも行わなければなりません。

東京都は出張相談無料(離島除く) 宅建免許の東京宅建免許センター