自宅を宅建業の事務所にすることはできませんか?

自宅であっても、下記の条件を満たせば宅建業の事務所にすることができます。

  • 下記の事務所要件を満たし、
  • 物理的にも宅建業の業務を継続的に行なえる機能をもち、
  • 社会通念上も事務所として認識される程度の独立した形態を備えていること。

事務所要件

  • 事務所として利用する部屋に、専用の出入口がある。
  • 他の部屋とは壁で区切られおり、独立性が保たれている。
  • 玄関から他の部屋を通らずに、事務所として利用する部屋へ入ることができる。
    (例:玄関からリビングを通らなければ事務所に入ることができない ⇒ ☓ )
  • 部屋が事務所としての機能を備えており、事務所としてのみ利用する
    (例:リビングと宅建事務所が兼用になっている ⇒ ☓ )

なお、自宅事務所の場合、行政庁への事前相談が必要とされています。

東京都は出張相談無料(離島除く) 宅建免許の東京宅建免許センター