保証協会への加入

宅建業の営業を開始するためには、営業保証金を供託しなければなりません。しかし、営業保証金は本店につき1,000万円と大変大きな負担であるため、参入障壁となります。
そこで、保証協会というものが設立されています。
この保証協会に加入し、弁済業務保証金分担金や入会金等を支払うことにより、営業保証金を供託する必要がなくなります。

弁済業務保証金分担金の額

主たる事務所(本店) 60万円
従たる事務所(支店)1つにつき 30万円

※保証協会への加入には、弁済業務保証金分担金以外にも入会金などがかかります。

金額については協会や支部によって異なりますので、加入しようとしている協会に事前に確認いただくか、あるいは弊所にお問い合わせ下さい。

保証協会とは

保証協会は、インターネットを通じた情報の提供や宅建業に関する苦情の解決、宅建業従事者に対する研修会の実施、宅建業取引によって生じた債権の弁済等の業務を行なっています。現在、東京都の保証協会には以下の2つが指定されています。

  1. 全国宅地建物取引業保証協会(ハトさんマーク)
  2. 不動産保証協会(ウサギさんマーク)

この2つの団体は全くの別物なので、加入金や年会費、必要書類、審査方法などに違いがあります。
また、同じ協会でも支部ごとに加入金が異なることもあります。保証協会の入会の際には、事務所調査や入会審査がありますので、営業を開始するまでの日数が営業保証金を供託した時に比べると若干時間がかります。

東京都は出張相談無料(離島除く) 宅建免許の東京宅建免許センター