宅地建物取引主任者資格登録簿とは?

宅地建物取引主任者の登録を受けた者に関して、都道府県知事が作成した登録簿のことです。

宅地建物取引主任者となるためには、その前提として、宅地建物取引主任者の登録を受けることが必要とされています。
この宅地建物取引主任者の登録を受けた者について、都道府県知事が作成した登録簿が宅地建物取引主任者資格登録簿です。

宅地建物取引主任者資格登録簿の登載事項

宅地建物取引主任者資格登録簿には、宅地建物取引主任者の登録を受けた者に関する次の事項が登載されます。

  1. 氏名
  2. 生年月日
  3. 住所
  4. 本籍(日本の国籍を有しない場合は、その者の国籍)
  5. 性別
  6. 試験の合格年月日および合格証書番号
  7. 実務経験を有する者である場合は、登録申請時現在の実務経験の期間、その内容、従事していた宅地建物取引業者の商号(または名称)と免許証番号
  8. 実務講習の修了者である場合は、修了認定の年月日
  9. 宅地建物取引業者の業務に従事している場合は、当該宅地建物取引業者の商号および免許証番号(勤務先)

宅地建物取引主任者資格登録簿の登載事項の変更

登録簿に登載された下記事項について変更が生じた場合、遅滞なく変更登録をする必要があります。

  1. 氏名
  2. 住所
  3. 本籍
  4. 宅地建物取引業者の商号および免許証番号

関連リンク

東京都は出張相談無料(離島除く) 宅建免許の東京宅建免許センター