宅地建物取引主任者とは?

宅地建物取引主任者とは、宅建業法に基づき制定された国家資格です。
宅建業者(不動産会社)の相手方に対して、宅地建物の売買や交換、貸借などの契約が成立するまでの間に、重要事項の説明等を行う不動産取引の専門家のことです。

宅地建物取引主任者となるには?

宅地建物取引主任者資格試験に合格し、試験を実施した都道府県知事の資格登録を受け、さらに取引主任者証の交付を受けることが必要です。
資格登録には実務経験が2年以上なければなりません。
ただし、登録実務講習実施機関が行う登録実務講習を修了することにより実務経験要件をクリアすることができます。
登録実務講習は「通信講座」「演習」「修了試験」からなります。

有効期限

取引主任者証の有効期限は5年間で、5年ごとに法定講習および取引主任者証の更新が必要です。

東京都は出張相談無料(離島除く) 宅建免許の東京宅建免許センター